アトリエ・展覧会訪問」カテゴリーアーカイブ

がっせいアート

11月6日、恒例の「がっせいアート展」を訪ねました。兵庫県豊岡市の「稽古堂」一階フロア―全体を使い、沢山の公募作品が展示してあり、中には驚くほど印象深い作品も多くみられました。久しぶりに、主催者側の茨木さんご夫婦にもお目にかかり、今年の傾向などをお聞きし、充実した一日になりました。

塩見

舛次崇・冨塚純光二人展+岩下徹の舞踏

10月17日、甲南大学で開催された「舛次崇・冨塚純光二人展+山海塾の流れを汲む岩下徹の舞踏」へ行ってきました。久しぶりに二人の作品を鑑賞し感動がありました。また、服部氏の司会によるトークセッションでは、施設が絵画塾で障害を持つ人たちの表現活動を支援する意味について、すずかけ絵画クラブの現場の意見を聞くことが出来たのも収穫でした。この領域は、まだ議論が尽くされていないと思うので、改めてこうした企画が持たれたことは意義が深いと思います。

塩見篤史

「アートスペースからふる」訪問

「アートスペースからふる」を訪問しました。 9月30日次回の企画展の作品を提供してくださる、鳥取市にある「アートスペー スからふる」に作品選定にお伺いしました。

「アートスペースからふる」を訪問しました。 9月30日次回の企画展の作品を提供してくださる、鳥取市にある「アートスペー スからふる」に作品選定にお伺いしました。
続きを読む

ボーダレスの証明 はたよしこという衝動

11日、近江八幡市の修悠館とNO~MAで、はたよしこさんと舛次崇さんにちなんだ企画がありました。
きりん舎立ち上げの時、はたさんには随分お世話になったこともあり、 当地を訪ねてきました。
考えさせられることも多く、有意義な1日になりました。

塩見

アートスペースからふる訪問

3月8日、鳥取市内の「一般社団法人アートスペースからふる」を訪ねました。あいにく休館日でしたが、スタッフの方から活動の状況を丁寧に説明していただきました。作品、制作に必要な諸道具なども見せていただき、大変参考になることも沢山ありました。いずれ、展示会への出展をお願いしたいと思っています。


塩見

展覧会 すずかけの間 塩木由美

2月2日、すずかけ工房の西宮アトリエへ、塩木由美さんの個展を見に行ってきました。
塩木さんの創作過程のヴィデオを見ながら、アトリエでの様子を伺い色いろと考えさせられることもありました。
もちろん、作品やその展示の仕方も良かったです。
来年秋の、ギャラリーきりん舎での展示会出展予約を入れてきました。 

塩見

劇団四鹿公演-ミュージカル「美女と野獣」

昨日秋日和の中、舞鶴市みずなぎ鹿原学園の「劇団四鹿」公演-ミュージカル「美女と野獣」を見に行ってきました。一年かけて練習した成果がでていて、とても楽しめました。
作業、アート(絵画,縫い、陶芸、ミュージカル)の柱をしっかり立てて運営しておられる様子がよく解り、勇気付けられもしました。

塩見

秋の美術展巡り

秋の晴天に誘われて、美術展巡りをしました。

10月26日 小浜市熊川若狭美術館 江戸雄飛展 「増殖する書」同パレア若狭 「きらりアート展」
11月1日  豊岡市交流センター・稽古堂 「がっせいアート 公募展」

夫々に力作がそろい、おおいに楽しめました。

塩見篤史

小浜市熊川若狭美術館 江戸雄飛展 増殖する書
パレア若狭 きらりアート展
豊岡市交流センター・稽古堂 がっせいアート

まぐらゆるり訪問

夏の展示会にゲスト出展をおねがいしている『真倉ゆるり』(舞鶴市)を訪ね、作品
を選定してきました。今年のアトリエにしまち通りの展覧会「ハレの日」では、新しいアトリエに出展をお願いしました。
また、涼をとるため、かんきつ系のハーブ―”夏の香り”を焚きます。