おすすめ投稿

アトリエにしまち通り

アトリエにしまち通りオープンしました。
at_main

私たちは、アール・ブリュット作品を展示するギャラリーを開設して6年目になります。2017年4月から、障害を持って暮らしている方が、創作・表現活動に楽しみを見出し、寛げるようなアトリエを開設しています。特別な指導・教育は行わず、本人の思いを自由に表現できる場にしたいと考えています。将来は、創作された作品の展示会や、各種のワークショップなどを楽しむ計画をも持っています。

場所:市内西町2丁目 ギャラリーきりん舎(予定:変更する場合もあります。)

日時:毎月、第2・4土曜日、2時から4時まで(将来日時を増やすこともあります。)

条件:①画材等は無料

②1回につき参加費500円

送迎無し

付き添いは可

…その他ご不明の点があれば、お問い合わせください。

 

関心を持たれた方のご連絡をお待ちしています。以下いずれの方法でも結構です。

☎:0773-42-0277(夜:0773-43-2428)

携帯:090-3039-6788

e-mail:shiobrbr@pearl.ocn.ne.jp

NPO法人きりん舎

綾部市西町通り2丁目91番

 

アトリエにしまち通り 秋のスケッチ遠足 2021

10月23日はアトリエにしまち通りのスケッチ遠足でした。お昼過ぎにメンバーが集合して出発。目的地は綾部ふれあい牧場です。

そこにはコスモスが一面に咲いてとてもすてきな野原がありました。真ん中に木の柵があって羊たちがいて人が中に入ることもできます。

緑の牧草地帯にはヤギが放牧されていて、人懐こく遊んでくれます。そのほか飼育舎がいろいろあってウサギ小屋、鶏小屋、保護猫ハウスでもかわいい動物たちに出会えます。

また乗馬クラブも隣接しているので馬を見ることもできます。のんびり過ごすにはなかなか良い場所ですね。

この日の天気は晴れたり曇ったり。少し肌寒いけどみんな思い思いにスケッチを頑張りました。場所を変えて何枚も挑戦して、少し時雨れてきたころにちょうど3時、お茶の時間になりました。おやつを頬張りながらまだまだ描き続けています。みんななかなかの集中力を発揮していました。

参加者のみなさん動物や草花をいっぱい描いて良い一日になったでしょうか。参加者みなさんとも表現にためらいがなくなり、絵を無心に追求しています。次回の遠足も楽しみです。

次回のきりん舎は11月20日(土)~12月5日(日)に「アートスペースからふる」さんの展示を予定しています。どうぞお楽しみに!

舛次崇・冨塚純光二人展+岩下徹の舞踏

10月17日、甲南大学で開催された「舛次崇・冨塚純光二人展+山海塾の流れを汲む岩下徹の舞踏」へ行ってきました。久しぶりに二人の作品を鑑賞し感動がありました。また、服部氏の司会によるトークセッションでは、施設が絵画塾で障害を持つ人たちの表現活動を支援する意味について、すずかけ絵画クラブの現場の意見を聞くことが出来たのも収穫でした。この領域は、まだ議論が尽くされていないと思うので、改めてこうした企画が持たれたことは意義が深いと思います。

塩見篤史

「アートスペースからふる」訪問

「アートスペースからふる」を訪問しました。 9月30日次回の企画展の作品を提供してくださる、鳥取市にある「アートスペー スからふる」に作品選定にお伺いしました。

「アートスペースからふる」を訪問しました。 9月30日次回の企画展の作品を提供してくださる、鳥取市にある「アートスペー スからふる」に作品選定にお伺いしました。
続きを読む

ボーダレスの証明 はたよしこという衝動

11日、近江八幡市の修悠館とNO~MAで、はたよしこさんと舛次崇さんにちなんだ企画がありました。
きりん舎立ち上げの時、はたさんには随分お世話になったこともあり、 当地を訪ねてきました。
考えさせられることも多く、有意義な1日になりました。

塩見

6/26~ 7/4 ハレの日 第4歩 ~アトリエにしまち通りと仲間達~

きりん舎で創作活動を続けている「アトリエにしまち通り」の作品発表会「ハレの日」は第4回目を迎え、今年もいろんな作品が展示されました。

ろう画家三原巌さん、障害者支援施設いこいの村栗の木寮やまいづる福祉会マグ・la・カフェゆるりの仲間、きりん舎理事の日根伸夫さんと塩見節代さん、ぎりん舎オーナー塩見さん友人の今井忠夫さんらの作品も加わり、和やかで雰囲気の良い展示になっています。

恒例の近江おごとハーブガーデンの山本真理さんが調合したアロマオイルも心地よく、梅雨のひとときをさわやかにしてくれます。

また、今年は電子ピアノが新機軸としてきりん舎に登場しました。きりん舎の活動計画の一環で今後 音楽活動も準備中です。以前からボランティアとしてもアトリエにしまち通りに携わっていただいている前田さんのピアノ演奏が会期中にお目見えするかもしれません。
ギャラリーのピアノは、どなたでも弾いていただくことができます。音とともに楽しむきりん舎の今後の展開をどうぞご期待ください。

続きを読む

アートスペースからふる訪問

3月8日、鳥取市内の「一般社団法人アートスペースからふる」を訪ねました。あいにく休館日でしたが、スタッフの方から活動の状況を丁寧に説明していただきました。作品、制作に必要な諸道具なども見せていただき、大変参考になることも沢山ありました。いずれ、展示会への出展をお願いしたいと思っています。


塩見

展覧会 すずかけの間 塩木由美

2月2日、すずかけ工房の西宮アトリエへ、塩木由美さんの個展を見に行ってきました。
塩木さんの創作過程のヴィデオを見ながら、アトリエでの様子を伺い色いろと考えさせられることもありました。
もちろん、作品やその展示の仕方も良かったです。
来年秋の、ギャラリーきりん舎での展示会出展予約を入れてきました。 

塩見

劇団四鹿公演-ミュージカル「美女と野獣」

昨日秋日和の中、舞鶴市みずなぎ鹿原学園の「劇団四鹿」公演-ミュージカル「美女と野獣」を見に行ってきました。一年かけて練習した成果がでていて、とても楽しめました。
作業、アート(絵画,縫い、陶芸、ミュージカル)の柱をしっかり立てて運営しておられる様子がよく解り、勇気付けられもしました。

塩見

11/7日~11/22 色彩のシンフォニー

今回ご協力いただいた社会福祉法人グローのバンバンアトリエは2015年7月に展示があって以来2度目の登場です。出展者はM・Kさん、木村 茜さん、橋本 智樹さん、比嘉 野歩治さん、宮本 亮さんの5人。今回も多彩な表現に出会うことができ、多様な表現者の存在に驚きました。どの作品も色彩感覚が豊かで、手から紙や板へと伝えられ、移されるイメージは創造性の沸きたつものばかりでした。

続きを読む